住宅ローンが借りられない

住宅ローンの借り入れができない

 住宅ローンが組めないという人も増えて来ているのかもしれません。なんだかんだいって、このご時世ですから審査も厳しくなっているらしいですし。住宅ローンが組めない理由としては年齢が高い、勤続年数が短い、年収が低い、雇用形態に難あり、借金が多い、リボ払いのショッピング残高が多い、過去の一定期間内に金融事故を起こしたことがあるなどが挙げられます。金融事故情報は一定年数が経過することで削除されるはずなので、事故を起こしたら生涯無理ということではありません。また、借金やリボ払いは審査に不利なので出来るだけ返済しておく方がいいです。

 雇用形態は当然ながら正社員である方が審査が通り易くなります。今は昔ほど正社員と派遣や契約社員との間に信用度合いの溝があるわけではないのかもしれませんが、それでも多少は違ってくると思います。意外に重要なのが勤続年数です。金融機関への調査では、雇用形態や職種よりも勤続年数を重要視するというところが多いらしいですし。基本的には3年以上が望ましいですが、金融機関によっては1年以上でも普通に審査してくれるというところもありますので、年数が短い場合はそういうところを探した方がいいかもしれません。

組めない理由は色々とあると思いますが、住宅ローンが組めないことで困っている人も多いのかもしれません。例を挙げると年齢。借入時と完済予定時の年齢が高いっていうのは不利です。これは、いくつもある審査項目の中でトップに近い位置にあるそうです。つまり、年収などよりもずっと重要視しているということらしいです。それから、返済負担率や勤続年数も重要視されます。もちろん、他の項目が重要視されないということではないんですが、それよりも金融機関は上記の項目を気にしているということだそうです。

 勤続年数の目安は基本的に3年以上と考えられます。金融機関によってはもっと短くても構わないというところもありますが、まだこれくらいが平均的かなtって思いますので、転職したてという場合などは不利になりがち。しかし、同じ業界への転職、キャリアアップの為の転職ということならば多少の融通をしてくれる場合があるので、相談してみるといいかもしれません。ちなみに、自営業の場合は過去3年程度の黒字が必要です。普通の会社員なら前年度の収入を提出することになると思いますが、自営業の場合は過去3年程度に渡り報告しないといけないので少し厳しいです。

Copyright 住宅ローンを組めない理由, Inc.